忍者ブログ
怒って帰ったおばさん
[24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インターネット専業証券の業界再編の動きが活発化してきた。三菱UFJフィナンシャル・グループによる松井証券への資本参加交渉が大詰めを迎えているほか、最大手のSBIイー・トレード証券は対面営業を行う同じグループのSBI証券と今年10月に合併する。“倍々ゲーム”で成長してきたネット証券だが、口座数の伸びが鈍化し、手数料の引き下げ競争が一段と激化するなか、単独での生き残りは一段と困難になってきた。
草分け的な存在である松井証券は、1918(大正7)年に個人商店として東京・日本橋に創業。オーナー一族が株式の大半を握る同族経営スタイルを続け、巨大資本にくみしない独立精神に基づく迅速な意思決定で証券業界でも独自の存在感を発揮してきた。

 4代目となる松井道夫社長は87年に日本郵船から義理の父が経営する松井証券に入社、95年に社長に就任。当時横並びだった各種手数料を引き下げるなど業界の常識にとらわれない改革を断行し。98年にはいち早くネット取引へ転身し、対面営業一辺倒だった証券会社のあり方も変え、現在でも「証券業界の風雲児」など、その呼び声は高い。

 ただ、相次ぐ大手証券の参入やネット専業他社の追随が激しさを増すなか、先行メリットも薄らいできている。

ヤフーニュースより 抜粋

UCSローンカード

松井証券

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(12/31)
(12/30)
(12/29)
(12/28)
(12/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索