忍者ブログ
怒って帰ったおばさん
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【ソウル26日聯合】大学病院の医療チームとバイオ企業が世界で初めて胚性幹細胞に由来するタンパク質の効果を立証し、化粧品原料として商用化した。
 成均館大学医学部皮膚科の金垣錫(キム・ウォンソク)教授チームとバイオ企業のプロステミクスが26日、脂肪組織から採取した胚性幹細胞が生成したタンパク質混合物の皮膚再生効果を確認したと明らかにした。

 研究チームがこのタンパク質を皮膚の線維芽細胞に処方したところ、線維芽細胞で生成されるコラーゲンの量が5倍以上に増加し、線維芽細胞の増殖も30%以上増えたという。線維芽細胞は皮ふの真皮層を形成するコラーゲンを作る細胞。コラーゲンの量が低下すれば肌の弾力が衰えしわが増える。

 この混合物は、米化粧品協会が発行する国際化粧品原料事典に「AAPE」という名称で登録された。プロステミクスはこれを原料にした化粧品を、7月中にも国内で発売する予定だ。今後、このタンパク質を利用したしわ予防の化粧品や皮膚科治療薬の開発が進むものと期待される。

ヤフーニュースより 抜粋

皮膚科

PR

しなの百景:癒やされる香り、ラベンダー満開--上田・国際音楽村 /長野

上田市生田の音楽施設「信州国際音楽村」のラベンダーの花が見ごろを迎えている。9000平方メートルの畑に4種類のラベンダーが植えられており、300円で50本摘み取ることができる。訪れた人たちは摘んだ薄紫色の花の束をうれしそうに抱え、香りを楽しんでいた。
 今は早咲きの品種「ロイヤルポット」などが摘みごろ。摘みごろは花びらが落ちていないつぼみの状態だという。摘み取った後、リボンを編み込んでドライフラワーにする講習会も行われている。
 松本市から友人2人と来ていた主婦、石田幸子さん(61)は「かわいらしいドライフラワーにしたい。香りをずっと楽しめるからうれしい」と話していた。【大平明日香】

ヤフーニュースより 抜粋
*おすすめ
マジックフラワー 50ml

脱毛法(だつもうほう)とは、美の追求、衛生や信仰、日常の手入れを省く、などの理由から、顔を含む身体の毛の一部または全部を意図的に毛根から抜き取ること。ワックス脱毛や針脱毛、レーザー脱毛などの脱毛法が知られている。毛根から抜くのではなく皮膚から出ている部分の毛のみを取り除くことを除毛(じょもう)、かみそりによって剃ることを剃毛(ていもう)と呼んで区別するが、同列に論じられることも少なくない。特に女性の手足や腋などの除毛は一般的で施術数も多い。

最近のエステティックサロンでは、レーザー脱毛が日常的に行われているようであるが、基本的には医師免許のない者が脱毛行為をする事は医師法違反となる。 2001年(平成13年)11月8日付けの厚生労働省医政局医事課長名の「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱について」では、医師でなければ出来ない行為として以下の3項目を記している。

用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を根毛部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為。
針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為。
酸等の化学薬品を皮膚に塗布して、しわ、しみ等に対して皮膚剥離を行う行為。
脱毛だけでなく、上記の施術を受ける場合は信用のおける施設を選ぶ事が必要である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エステガイド 脱毛エステに行く

ICの概念として、「説明・理解」と、それを条件にした「合意」の、いずれも欠けないことが重要である。また、ここでの「合意 consent」とは、双方の意見の一致・コンセンサスという意味であり、必ずしも提案された治療方針を患者が受け入れるということを意味しない。

患者が「全部お任せします」といって十分に理解しようとせずに署名だけするような態度や、医療従事者が半ば説得して方針に同意させるような態度は、不十分なICの例である。一方で、患者が充分な説明の元で治療方針を「拒否」し、医療従事者側がそれを受け入れた場合、これは充分なICといえる。

ICは、従来の医師・歯科医師の権威(パターナリズム)に基づいた医療を改め、患者の選択権・自由意志を最大限尊重するという理念に基づいている。

説明する側は医療行為の利点のみならず、予期される合併症や、代替方法についても十分な説明を行い、同意を得る必要がある。また、この同意はいつでも撤回できることが条件として重要である。こうすることで初めて、自由意志で治療または実験を受けられることになる。

臨床試験/治験についてICの必要性を勧告したヘルシンキ宣言は、ナチス・ドイツの人体実験への反省から生まれたニュルンベルク綱領をもとにしている。

日本では1997年(平成9年)の医療法改正によって、医療者は適切な説明を行って、医療を受ける者の理解を得るよう努力する義務が初めて明記された。

説明・理解のない治療で侵襲を与えた場合、近年の日本では民事訴訟で医療従事者側に対する損害賠償が認められる傾向にある。説明・理解のない治療は刑法上の傷害罪や殺人罪に当たるという主張もある。ただし、現在の日本では、これらの容疑で医療従事者が起訴されることは非常に例外的である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


   レーシック インフォームドコンセント




クラミジアとは、偏性細胞内寄生体という細胞内でしか増殖しない細菌の一種とされている。 分類上の位置づけは一定していない。代謝エネルギー生産系がなく、エネルギーを宿主細胞に依存している。

以下の4種類がある。

種類 感染する動物
Chlamydia trachomatis 人間
Chlamydia pecorum ウシ、ヒツジ
Chlamydia psittaci 人間、鳥類
Chlamydia pneumoniae 人間

人間の場合、Chlamydia trachomatis(クラミジア・トラコマチス)はトラコーマ、性器クラミジア感染症、Chlamydia psittaciはオウム病、Chlamydia pneumoniaeはクラミジア肺炎、気管支炎の原因となる。

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(12/31)
(12/30)
(12/29)
(12/28)
(12/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索